紳士・淑女のためのフレグランス~ノービレ 1942 ( NOBILE 1942 )~

 

NOBILE 1942

~ノービレ 1942 ( NOBILE 1942 )~

第二次世界大戦さなかの1942年、ウンベルト・ノービレがローマで香水ビジネスを始めたのがノービレ1942ブランドの始まり。すでにラグジュアリーフレグランスの業界では名を知られていた彼の、香水にかける情熱は大戦の混乱のなかでも失われず、妻と一緒に再び香水店をオープンしたのです。

これらは父から息子に受け継がれ、今日では甥のマッシモ・ノービレが3代目として活躍しています。当主となったマッシモは男性用フレグランスの創作に情熱を傾け、ノービレ家の伝統や各時代の文化の研究を始めました。そうして生まれた新時代のノービレ1942の最初のフレグランスには、ノービレ家の男性たちに代表されるような、自信、決意、尊厳をもってえらんだ道を勇敢に進み続けています。世界に誇れる“メイド・イン・イタリー”の魂を胸に、イタリアを代表するラグジュアリーフレグランスの代表的ブランドに育ててきました。

ノービレ1942のフレグランスは、浸漬、フィルタリング、蒸留といった自然な工程で得た精油が含まれています。自然の力にゆだねる製法にこだわると、完成まで長い時間を待たねばなりません。しかし長い冬のあとの春の訪れが心ときめくものであるように、出来上がったフレグランスは花開くように芳醇で香り高いものになります。それと同時に「香りの適応性」とも呼ぶべき特性を生み出します。香りを装う人、装う時のムードや気分によって、心地よい香りの変化を楽しむことができるのです。ボトリング、ラベリング、箱詰めさえも熟練工が行い、オリジナリティーと完成度が高められていきます。

ヴェスプリ・エスペリダーチ

シチリアの古代王国―『ヴェスパーとオレンジの地』。
複雑な歴史や文化が入り混じる中、オレンジの香り漂う夕暮れに神に捧げる祈り=ヴェスパーは人々の心の支えでした。そしてこの地は数々の小説、詩、歌、フレグランスの題材となってきました。ノービレ1942が表現する『ヴェスパーとオレンジの地』はイタリアオペラの作曲家ヴェルディによる歌劇『シチリア島の夕べの祈り』に登場する恋人達の会話からインスピレーションを得て、男性用、女性用の両方が作られヴェスプリ・エスプリダーチと名づけられました。

ノービレ1942 ( NOBILE 1942 )ヴェスプリ・エスプリダーチ フレグランツァスプレマ スプレイ

ノービレ 1942 ( NOBILE 1942 )
ヴェスプリ・エスプリダーチ フレグランツァスプレマ スプレイ

ウンベント・ノービレが1942年にその情熱と生涯をかけてローマに設立した香水ハウス。こだわりの製造方法により、力強さと奥行きのある上品で、さわやかな南国を思われるシトラスの香りが印象的です。(オーデ・パルファン)

 

ノービレ 1942 ( NOBILE 1942 )ムスク・ノービレ

ノービレ 1942( NOBILE 1942 ) ムスク・ノービレ

ピュアで洗練された、ホワイトムスクをベースとした透明感あふれるフレグランス。 フレッシュベルガモット、ブラックペッパー、ホワイトティー、キャロットシードのブレンドに始まり、軽やかなイリス、ジャスミン、ホワイトフラワー、レッドフルーツがムスクを包み込みます。 ムスクは上品できわめて優雅な香り。それはギリシャ神話の愛と美の女神、アフロディテのよう。ユニセックスな香りです。

 

ノービレ 1942 ( NOBILE 1942 )アンバー・ノービレ

ノービレ 1942 ( NOBILE 1942 )アンバー・ノービレ

フルーティーな甘さの中にもこっくりとしたアンバーが重なり合い、男性にも女性にも似合う、華やぎと深みに満ちた温かい香りの「アンバー・ノービレ」。どちらのフレグランスもノービレならではの気高い香りに満ちている。ビジネスシーンにおすすめの香りです。

 

ノービレ 1942 ( NOBILE 1942 )アクア・ノービレ

ノービレ 1942 ( NOBILE 1942 )アクア・ノービレ

長い時間をかけて岩の間から流れ出る水。砂漠に現れる奇跡の水、オアシス。 それらは清らかであり力強いノービレが初めて取り組んだシングルテーマは“水”。エレガントかつクリーンに創りあげられたユニセックスな香りです。

 

syousai

新規会員登録


facebook
facebook
twitter twitter
pintent
ページ上部へ戻る