暴飲暴食で疲れた胃腸のお助け食材はキャベツと白菜

胃や十二指腸を守る守護神!“キャベツ”

キャベツにはビタミンUが含まれています。これは別名“キャベジン”と呼ばれ消化性潰瘍を防止する働きがあります。ビタミンU自体は体内で生成されず、もともと人間の体内には存在していません。ビタミンUが減少することで特に欠乏症などはなく、必須栄養素でもありませんが、胃腸の粘膜や肝機能を正常に保つ働きがあるため食事を通して摂取することが勧められています。効率良く摂取するには加熱せず生で食べることを勧めています。

また、キャベツの外側の緑の濃い部分にはβカロチンが含まれており、体内でビタミンAに変わると、目の健康や、内臓の粘膜を健康に保つ効果が期待されます。
とんかつの付け合わせにキャベツが多いのは、揚げ物による胸焼けを防ぐためです。

精進料理では「養生三宝」“白菜”でデトックス

白菜は、精進料理では大根、豆腐と並ぶ“養生三宝”と呼ばれ、整腸作用を期待されています。松のように冬の寒さに耐えることから、別名「白菘(ハクシュウ)」と呼ばれています。漢方の中薬名を黄芽白菜(オウガハクサイ)と呼び、「胃を養う、小便を利す」と中薬大辞典に記載があり、菜類の中でも最も常食とすべきものと言われています。

水分含有量が多く、約95%を水分が占めるものの、カリウム、マグネシウム、亜鉛などのミネラル類を多く含んでいるため、利尿作用による老廃物の排出、食物繊維が便秘を防止し、胃腸壁を綺麗にし、カリウムなどのミネラルがむくみを防止する作用が期待されます。

関連商品

フランス・フランスアルザス製土鍋・ココット24cm(IH対応)

フランス製の『土鍋』です。カラフルな色の鍋なので食卓も華やぎます。 鍋の裏側にも釉薬がかかっており、テーブルを傷つけにくくなっています。

蓋の裏側が突起状になっており、素材の水分が蓋から食材に戻るような形状に なっています。 じっくり素材に熱が伝わるので、 煮物の調理に最適です。 直火・オーブン・電子レンジ使用可なので、 様々な料理にご使用ください。

【サイズ】直径24cm×高さ14cm 容量:800cc
【素 材】陶器 直火・電子レンジ・IH対応

お求めはこちら

 

セレブ愛用テーブルウェアー
セレブ愛用、プロ・店舗仕様のテーブルウェアーシリーズは【こちら】
雪や霜の寒さを耐え抜いたキャベツや白菜が甘くおいしい
・雪の下キャベツ(北海道北斗市:高坂農園)

北海道の渡島半島に位置し、函館にほど近い北斗市の高坂農園で生産されている「雪の下キャベツ」は年末年始にかけ収穫したキャベツを雪に覆われた大地に並べ、その上に雪が積もることでキャベツのタンパク質がアミノ酸に変わり、その変化の際に糖度が増します。

冬の北海道の不便さを活かした“この時期”しか味わえない北海道の冬野菜を塚田農場で!

【詳細はこちら】

新規会員登録


facebook
facebook
twitter twitter
pintent
ページ上部へ戻る