腸内フローラのバランスを整えてくれるオリゴ糖とおススメヨーグルト

ヨーグルトとオリゴ糖

私たち人間の腸内では、実に多種多様な細菌が増殖を続けています。それら細菌が集まって腸内で複雑な生態系を構築しています。それが『腸内フローラ』です。この『腸内フローラ』の状態は生活習慣や年齢、ストレスなどによっても変化するので人それぞれ全く違うものですが、

一般的には下記mpバランスであるのが好ましいと言われております。
善玉菌:悪玉菌:日和見菌
2 : 1 : 7

健康な人の腸内では善玉菌が悪玉菌の働きを抑えるバランスが維持されておりますが、生活習慣やストレス、食生活など何らかの影響で悪玉菌が優勢になってしまう事があります。

その場合は人の健康に有害な物質が増え続けることとなり、更にはその物質が腸管から吸収され続けると様々な臓器にダメージを与え、最悪の場合ガンなど発生させる原因にもなってしまいます。つまり、『腸内フローラ』は人の寿命にまで影響を与えるのです。健康や病気、若さや寿命に最も強い影響を与えているのは腸なのです。

代表的な善玉菌といえば『ビフィズス菌』があります。ビフィズス菌を増やすためにはエサとなる糖分が必要なのです。一般的なブドウ糖の場合、ほとんど小腸で吸収されてしまいます。ビフィズス菌がいる大腸まで届かないのです。

しかし小腸で吸収されにくく、大腸のビフィズス菌まで届きやすいという特徴を持っており、直接ビフィズス菌まで届き、エサになってビフィズス菌を増やす働きをするのがオリゴ糖なのです。しかし、「オリゴ糖であれば何でも良い」という訳ではありません。ビフィズス菌は体内で実に30種類以上も存在し、それぞれを活性化させるためのオリゴ糖もそれぞれ種類が違うのです。

<おススメのオリゴ糖>
30種類以上のビフィズス菌を万遍なくサポート出来るオリゴ糖

m

『カイテキオリゴ』は、独自の“EOS(イオス)理論”に基づいて配合された自然由来のオリゴ糖食品です。EOS理論とは「複数のオリゴ糖を組み合わせることで実感度をパワーアップさせ、単一成分のオリゴ糖以上に実感を生み出せる仕組み」で、このEOS理論は独自の研究によって発明された理論です。

「オリゴ糖」と聞くとシロップ状の甘いものを想像する方もおられると思いますが 、ほとんどは甘味料としての物であり、それにはオリゴ糖は30%くらいしか含まれていません。

『カイテキオリゴ』は、「あなたの便秘がこれで治る!」の著者が開発。独自のEOS理論※に基づき、北海道産のてん菜(別名:サトウダイコン、ビート)、牛乳、樹木を主原料とした複数種のオリゴ糖を配合した、純度ほぼ100%の高純度・高品質なオリゴ糖食品です。


『カイテキオリゴ』の詳細はこちら>>

おススメの手作りヨーグルト
カスピ海ヨーグルト

フジッコが長年の研究してきた「カスピ海ヨーグルト」。 クリーミーな粘りが特徴です。その乳酸菌は生きて大腸まで届きます。ご家庭で手づくりすれば 植え継いで作れるからとっても経済的です。

フジッコのカスピ海ヨーグルト手作り用種菌はこちら>>



毎朝すっきりしない方へ。善玉菌のチカラがお得に→先着1000名様

新規会員登録


facebook
facebook
twitter twitter
pintent
ページ上部へ戻る