赤ワインに含まれる「エラグ酸」が脂肪を燃焼!?

m
 

日本はこれまで何度かのワインブームを経てきましたが、2012年~現在は過去最高のワインブーム(第七次ワインブーム)です。

97~98年の第六次ワインブームの主因となったのは、“赤ワインポリフェノール”です。赤ワインポリフェノールは強い抗酸化作用を持ち、アンチエイジングや生活習慣病などの予防に効果があることで知られています。このようにブームの火付け役となり得る機能面において、また新たな研究結果が発表されました。

今年2月5日、「ワインが脂肪燃焼効果を持つかもしれない」という研究成果が、アメリカ・オレゴン州立大学のホームページに掲載されました。同大学の分子生物学者Neil Shay氏らによると、グレープジュース又はワインを飲むと、脂肪の燃焼を助け、肥満や脂肪肝などの改善につながるとのこと。

アメリカ南東部の野生種「マスカダイン」という種のブドウから発見された4つの天然成分に、人間の肝臓と肝細胞をさらし経過を観察。その結果、既存の脂肪細胞の成長を抑えるとともに、新しく脂肪細胞が形成されるのを、劇的に遅らせる効果が見られたといいます。特に肝細胞内の脂肪酸の代謝を促進させる効果が顕著だったとのことです。

この4つの成分のうち特に強力な効果を持っていたのは、天然ポリフェノールの一種である「エラグ酸」という物質。エラグ酸は苺などベリー系やざくろにも多く含まれ、美白効果を持ち化粧品やサプリメントなどにも使用されており、日本では厚生労働省から認定を受けている成分です。

情報提供:サニーヘルス株式会社

ダイエットコスメ・フード特集

家庭用キャビテーション美ルルキャビアップ プロエステティシャン監修【ボニックPro】
ハワイ発・MIX(ナチュラルミックス)モデル愛用VENUS BODY
梅宮アンナ紹介の脚痩せDVD【グラマラスリム・プエラリア】
1日5分からの先端ボディメイクマシン!目標ウェスト─11cm【ボニック】
あいにゃんプロデュース!【CUTE ME!】臨床試験済ダイエット【スリムプリンセス】

初月500円スタート【マジカルスムージー】 話題の酵素ドリンク【ファストザイム】

新規会員登録


facebook

facebook

twitter

pintent


twitter
ページ上部へ戻る