暑い夏だからこそ冷える身体!冷たい食べ物・飲み物に注意!

 

暑くなってくると、冷たい食べ物や飲み物がおいしく感じられるものですよね。ですが、冷たいもの摂りすぎは身体にとってはNGです。冷たいものを摂りすぎると、内臓が急に冷やされ消化器官の機能が低下し、食欲が落ちたり、下痢、夏バテ、自律神経の乱れなどを引き起こす原因となってしまいます。

また、内側から冷やされた身体ではリンパの流れが悪くなります。老廃物や余分な水分が身体から排出されにくくなり、むくみが起こりやすくなります。また、ジュースやアイスクリームなど冷たくて甘い食べ物には、多量の砂糖が含まれています。同量の砂糖で温度による甘みの感じ方を比較した場合、最も甘味を強く感じるのは体温に近い温度~常温程度。

甘みは冷たくすると感じにくくなります。溶けたアイスクリームを舐めてみたら、冷たい時よりも甘いと感じたことはありませんか?こういうことだったのです。砂糖を摂り過ぎると、糖質の代謝にビタミンB群が消費されるため、ビタミンB群が不足しがちになります。糖質過多は他にも疲労感、イライラ、集中力低下などの原因になるとも言われています。

夏に温かい飲み物を飲むことに抵抗があるならば、せめて、キンキンに冷えているもの以外を摂るようにしましょう。「少し冷たい」と感じられる程度のほうが身体にとっては優しいです。

どうしてもキンキンに冷えたビールが飲みたい!というのであれば、一気に大量に飲むのではなく、ゆっくりと味わいながら飲むことを心がけてみてください。

食べ物も温かいものを食べるのが理想的ですが、冷たいものを食べたら食後は温かいお茶を飲むなど、内蔵を温めることを心がけましょう。身体を温めることは、代謝・免疫力UP、内臓の働きを良くする等々、キレイで健康でいるためには必要不可欠なことなのです。

最新インナービューティアイテム

話題の酵素ドリンク【ファストザイム】濃い!野草酵素。【野草酵素原液 越後の龍】



酵素玄米炊飯器なら【なでしこ健康生活】 贅沢ポリフェノール【善玉元気】

【やわたのおいしい青汁】ハイ・ユーグレナ【みどりむし】
美健知箋グルコサミン美肌+酵素ダイエット「ベルタ酵素ドリンク」
佐藤製薬社【美健知箋ポリフェノール】「更年期」でお悩みの方に【太陽の恵み】
キユーピーの【グルコサミン&ヒアルロン酸】キユーピーの【卵黄コリン】

新規会員登録


facebook

facebook

twitter

pintent


twitter
ページ上部へ戻る