年越しそば、「そば湯」まで飲みましょう。

1年の終わりの日である大晦日の夜には、年越しそばを食べる風習があります。年越しそばの風習が広まったのは、江戸時代中頃だとされ、その起源は諸説あります。

1.「人生はそばのように細く長く生きるという意味で食べる」と健康長寿を願ったものであるとする説
2.そばが切れやすいことから、一年間の苦労や借金を切り捨て翌年に持ち越さないよう願ったという説
3.そばは風雨でたれても日に当たるとすぐに立ち直る植物なのでそれにあやかってという説などがあります。

そばが体にいいと言われる理由のひとつが、そばに含まれる「ルチン」の効果があります。ルチンはポリフェノールの一種であり、抗酸化作用があり、そばの実の外層部分に多く含まれています。毛細血管を強くし血圧を下げる働きがあり、心臓病や動脈硬化、高血圧の予防になると言われています。また、すい臓の機能を活性化し、糖尿病の予防にも役立つと言われています。また、ビタミンAやビタミンCが含まれていませんが、その代わりに、ビタミンB1、B2が豊富に含まれています。ビタミンB1は「疲労回復ビタミン」と呼ばれ、糖分やでんぷんなどの糖質をエネルギーに変換するのに不可欠です。ビタミンB2には、たんぱく質や脂質、糖質などの代謝に関係する酵素を助けるはたらきがあり、栄養素の代謝を助け、成長、発育を促します。

ルチンをはじめとし、そばの良質な栄養は水に溶けやすい性質があるため、そばを食べ終わったら、残ったつゆに茹で汁を入れて「そば湯」を飲むようにしましょう。

最新インナービューティアイテム


圧力炊飯器なら【なでしこ健康生活】



贅沢ポリフェノール【善玉元気】



キユーピーの【グルコサミン&ヒアルロン酸】



キユーピーの【卵黄コリン】



【やわたのおいしい青汁】



ハイ・ユーグレナ【みどりむし】



佐藤製薬社【美健知箋ポリフェノール】



「更年期」でお悩みの方に【太陽の恵み】

新規会員登録


facebook
facebook
twitter twitter
pintent
ページ上部へ戻る